004  2016-11-21
 大将入魂の海鮮丼に挑む。

芥屋・・・紛うことなき糸島を代表する観光スポット。
特にボク的に“芥屋の大門”は大好きで・・・独りで眺めに来たり、遠方から来た人なんかを案内したりと・・・するようなスポット。
この日はあまりに天気が良かったんで、ドライブがてら芥屋へ向かう。夏は混雑していた海水浴場もすっかり静かになって・・・。海岸をぐるり廻ったあとに立石山に登ったりして汗もかきかき。
いやぁ・・・癒やされますねぇ。
短い時間でも楽しめます。そして・・・仕上げは・・・海鮮丼!(笑)
芥屋に来ると海鮮丼が食べたくなる。

この日狙うは「朝日屋」さん。芥屋を代表する老舗の民宿。
ボクも若かりし頃、こちらに糸島ドライブ途中で来て、ちょっと背伸びしていただいた贅沢な海鮮丼に超感動して・・・更に糸島好きになったってお店です。

海水浴場の駐車場から来るよりも、大門の方からぐるっと廻ってくる道が好きなんです。
“営業中”の看板にニヤリ。
中途半端なお時間にお邪魔したので、念のため「海鮮丼ありますか?」と尋ねてみると、「はい。どうぞ~」と朗らかな奥様がテーブル席に案内してくれました。
だしていただいたお茶を飲みながら・・・しばらく待つ。
うーん。やっぱり好きだなぁ。この雰囲気。
カウンター席の真ん中にある生け簀のアワビとかウニとか・・・元気に泳いでいるお魚などを観察していると「お待たせしました~」と、運ばれてきました。

「海鮮丼」(1,980円)。
うぉ~! スゴいと思っていたけど、こんなにスゴかったっけ???ってヴィジュアル。
丼から迫力満点にあふれ出しています。
ホントにスゴい。
海鮮だけじゃ無く、飾り切りしてあるキュウリにワサビが持ってあったり、可愛いラディッシュなんかも乗っていて、とてもキレイ。
まずは丼の縁にのってるお刺身を一切れ、少しお醤油に浸してパクリ。
ほぁ~! 美味いッ!!!
この魚はなんだ・・・新鮮だのなんだのと・・・そんなことはどうでも良くなるよう美味さです。

海鮮丼を上品に食べるのも良いですが・・・ある程度、狙い目のお魚とかサザエのコリコリ感とかウニのプルンと感とか楽しんだ後は、お醤油をぶっかけて混ぜて豪快にいただく・・・海鮮丼の醍醐味でしょ。
その姿は写真で見せることは出来ませんが・・・最高に美味い。
ご飯も美味しい。

海鮮丼で至福の時間を過ごしているボクに、奥から一皿手にした奥様が「これ今のシーズンだけのサービスです」と。
ビックリ! サザエのつぼ焼き!
なんでも牡蠣小屋がオープンしている冬だけ海鮮丼にサービスで付けてくれているらしいのです。いやぁ・・・サプライズ! これは嬉しいッ!
早速、そのアツアツのサザエをバクッと。むむっ、めっちゃ美味い。そらそうでしょう。

海鮮丼には丼だけじゃなく、海藻サラダ、茶碗蒸し、お味噌汁、お漬け物、デザートが付いてます。
その一つひとつが美味くて・・・幸せ。
堪能して、最後にデザートのフルーツ。お口をリセットするのにも良いですね。
ちょっと興奮していたのも静めてくれます。(笑)
ゴチソウサマです。あ~美味かったァ。

カッコイイお爺さまの大将さんにもご挨拶して、お店を後に。
うん。あの海鮮丼はまさしく・・・渾身の作品なんだろうなァ・・・なんて思いながら芥屋の船だまりを歩いて駐車場まで。
まさにプチ旅。ほぼ2時間程度だったけど・・・しっかり旅情。
糸島ってホントに良いトコロ♪

民宿・食事処 朝日屋
 web

糸島市志摩芥屋874-3   map
 092-328-2634

 営業時間
ランチ 11:30~19:00

 定 休 日
不定休

 JR筑前前原駅~  昭和バス芥屋線
終点「芥屋」より徒歩5分

 JR筑前前原駅より車で20分

「海鮮丼」(1,980円)

牡蠣小屋シーズンのサービス。

これまた美味い!

デザートはフルーツ。

カウンター席の真ん中に生け簀。

生け簀にはアワビ・ウニ・サザエ・・・。

小上がり席も雰囲気あり。

船だまりそばに広い駐車場。

芥屋に来ると絶対来たくなる。